みん経トピックス

松戸江戸川河川敷でカッパ市松戸市内各地で「桜まつり」

松戸で市民活動見本市 「こどもは、みらい。」テーマに

松戸で市民活動見本市 「こどもは、みらい。」テーマに

松戸駅西口デッキでのステージパフォーマンス(画像は前回の様子)

写真を拡大 地図を拡大

 松戸駅西口エリアで3月26日、「みらいフェスタ2016」が開催される。

市民団体のブースでゲームに興じる子供たち(画像は前回の様子)

 同イベントは今年で3回目。「こどもは、みらい。」テーマに、市内で活動する子育て支援団体など約70団体が出展し、体験活動や販売を通じ自団体のPR活動や市民との交流を行う。出展数は過去最大規模となっており、会場は、松戸駅西口デッキ、松戸西口公園、伊勢丹前広場の3カ所を予定する。

 松戸駅西口デッキでは、プロの音楽家による演奏や、キッズダンスなどのステージパフォーマンスのほか、松戸をより良い街にしようと取り組む団体の活動紹介を行う。

 松戸西口公園では、キッチンカーや地元店による飲食販売、国際協力につながるフェアトレード品の販売、ステージ演奏などを予定する。伊勢丹前広場では、家族で楽しめる体験コーナー、子育て支援のブースなどを中心に、各種展示、会場を巡りクイズに答えると景品を進呈するスタンプラリーを展開する。

 主催する「まつど市民活動サポートセンター」センター長の阿部剛さんは「みらいフェスタでは『こどもは、みらい。』というメッセージを大切にしている。子どもたちが暮らしやすく、やさしさにあふれる街にするために、日々活動している人たちがいることを身近に感じてもらえれば。興味のあるブースを見つけたら、気軽に声を掛けて新しいつながりを作ってほしい」と呼び掛ける。

 開催時間は10時30分~15時30分。参加無料。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

アクセスランキング