食べる 見る・遊ぶ 暮らす・働く

松戸経済新聞上半期PV1位は、道の駅「いちかわ」オープン

道の駅「いちかわ」

道の駅「いちかわ」

  •  

 松戸経済新聞の2018年度上半期PV(ページビュー)ランキング1位に輝いたのは、東京外かく環状道路延伸に伴い設置した道の駅「いちかわ」オープンを伝える記事だった。

 2位の東京外かく環状道路松戸インター供用開始の記事と、6位の松戸インター開通プレイベントの記事もランクインしており、初の高速インターと新国道への市民の期待の高さがうかがえる。

[広告]

 ランキングは今年1月1日から6月30日までに配信したヘッドラインニュースのPVを集計したもの。上位10位のランキングは以下の通り。(カッコ内は掲載日)

1. 松戸と市川を結ぶ新国道に道の駅「いちかわ」 防災拠点としての役割も(4/6)

2. 松戸に初の高速IC 東京外かく環状道路(三郷南IC~高谷JCT)開通(3/29)

3. 松戸駅周辺5会場で「こどもは、みらい。みらいフェスタ」 暮らしに役立つ情報発信(3/9)

4. 松戸駅東口に家系ラーメン新店 濃厚すっきりしょうゆ豚骨スープ仕立て(6/11)

5. 松戸で「世界コスプレサミット」 ステージで衣装や演技を披露(4/26)

6. 東京外かん松戸IC開通プレイベント 「未来につながる」トンネルを演出(5/8)

7. 松戸駅東口に「東横イン」 松戸市内初の駅前ホテルチェーン進出(5/23)

8. 松戸の市場で合コン シングルマザーの出会いを応援(4/5)

9. 松戸駅西口ペデストリアンデッキにエレベーター 市民から安堵の声(5/16)

10. 松戸駅西口にギョーザ居酒屋 「焼き」「水」「炊き」「揚げ」13種取りそろえ(6/5)

 家系ラーメン新店(4位)は、人気ラーメン店の系列で注目を集め、6月掲載にも関わらず、短期間でPV数を大きく伸ばした。世界コスプレサミット(5位)は、コスプレの本場での開催とあって、市内外の注目を集めた。東横イン(7位)は、市内初の駅前ホテルチェーン進出となる。

 ランキング外では、伊勢丹松戸店閉店(13位)、伊勢丹松戸新宿店お中元カウンター開設(12位)など伊勢丹関連の記事、流山利根運河桜まつり(14位)、市内各所で桜まつり(16位)など花見イベントの記事も注目を集めた。

 上半期は、松戸が長年湾岸方面の渋滞に悩まされていたことを背景に、松戸と市川を結ぶ4車線国道と高速インター関連記事に注目が集まる結果となった。