食べる 見る・遊ぶ

松戸駅西口でホタル観賞会とナイトバザール 市制施行75年記念行事として

ホタル観賞会

ホタル観賞会

  •  

 松戸駅西口で7月7日、「ホタル観賞の夕べ」と「七夕ナイトバザール」が開催される。

 「ホタル観賞の夕べ」は、松戸市の市制施行75年記念行事として、松戸まちづくり会議が企画した。ホタル狩りイベントは5月に21世紀の森と広場(松戸市千駄堀)でも毎年開かれているが、松戸駅に近い春雨橋親水広場と松戸神社(松戸市松戸)では初めて。当日はヘイケボタル2000匹が放たれるホタル観賞のほか、飲食店の出店や松戸神社境内で歌手を招いたミニコンサートを予定している。

[広告]

 同じく初開催となる旧伊勢丹前の松戸ビルプラザ(松戸市松戸)を会場とする「七夕ナイトバザール」は、今年3月に伊勢丹松戸店が閉店したことに伴う「松戸駅西口まち創生事業」の一環で松戸商工会議所が企画。金魚すくいや紙芝居、猿回しが楽しめる夜店ブースのほか、ステージイベントが予定されており、浴衣で来場するとプレゼントがもらえる。サプライズ企画として同広場での市内小中高校の同窓会開催を呼び掛けている。

 事務局の松戸市観光協会の井熊央(ひさし)さんは「伊勢丹松戸店が閉店して、松戸駅西口周辺の活気が少し薄れてしまっていると感じる。今回のイベントを通して多くの人々に集まっていただきたい」と話す。

 ホタル観賞の開催時間は15時~20時30分。参加無料。小雨決行、荒天中止。ナイトバザールの開催時間は17時~20時。雨天決行。どちらも問い合わせは松戸市観光協会(TEL 047-703-1100)まで。