みん経トピックス

松戸プラネタリウム特別投影南流山にわくわくスーパー

松戸経済新聞年間PVランキング1位はシーフード「モンキー」

松戸経済新聞年間PVランキング1位はシーフード「モンキー」

カリフォルニアをイメージした店作りのシーフードレストラン「MONKEY」

写真を拡大 地図を拡大

 松戸経済新聞の2017年PV(ページビュー)ランキング1位に輝いたのは、カリフォルニアのレストラン「RICE」で修行した店主が開いたシーフードレストラン「MONKEY(モンキー)」の開店を伝える記事だった。

 カリフォルニアのシーフードレストランという雰囲気の店作りの同店。「RICE」のレシピで国産玄米「ミルキークィーン」を使ったカリフォルニアロールがベジタリアンやビーガンに対応するメニューなどで注目を集めた。

 ランキングは今年1月1日から12月14日までに配信したヘッドラインニュースのPVを集計したもの。上位10 位のランキングは以下の通り(カッコ内は掲載日)。

1. 松戸にシーフードレストラン「モンキー」 カリフォルニアロールも(4/17)

2. 松戸に日本酒居酒屋「試飲会場 酒森」 60種超を量り売り(4/24)

3. 松戸に食パン専門店「一本堂」 焼きたてを提供(11/20)

4. 松戸にみそラーメン専門店「風」 焼きみそを使った「本場札幌の味」提供(6/22)

5. 松戸を舞台にしたノベルゲーム公開 市のコンテンツ産業の軸に(2/20)

6. 松戸北部市場が3月で閉場 感謝の集いに具志堅用高さんら(3/26)

7. 流鉄流山線で「ビア電車」 ホームや車内でビアホール(8/18)

8. 松戸に大衆酒場「ホームベース」 どて焼き・シャリ酎など提供(7/30)

9. 松戸・本町に担々麺の店「いぶし銀」 卵かけご飯も(7/10)

10. 松戸駅前に「おでん気家」 昼は電気店、夜はおでん居酒屋(5/20)

 2位は、日本酒バー「般若湯(はんにゃとう)」(松戸市本町)の姉妹店である「酒森」の開店を伝える記事。常時60種を超える純米酒をそろえて3勺(しゃく)から飲めるとあって、利き酒を楽しむ日本酒ファンの注目が集まった。

 食パン専門店(3位)は短期間でPVが急上昇。チェーン店全体への注目度も高く、市内への出店を歓迎する声が多く聞かれた。おでん気家(10位)は、電気店が大手家電量販店の傘下に入り、在庫が不要となり余ったスペースをおでん居酒屋にした異色の飲食店。

 11位以下は、麺屋弥栄(いやさか)(11位)、21世紀の森と広場のラーメンサミット(13位)、ピーナツベースの汁なし坦々(たんたん)麺(15位)、新京成電鉄「ラーメン得々スタンプラリー」(22位)などラーメン関連記事や、店名がイタリア語で「ばか」(14位)、イタリアンバル「アルベロフェリーチェ」1周年(17位)、チーズの塊の中で作るリゾット(19位)などイタリアン関連記事が目立った。

 2018年の松戸経済新聞は、「MONKEY」のような特徴のある飲食店記事や、松戸を舞台にしたノベルゲーム公開(5位)、コスプレ撮影イベント(24位)のような市が力を入れるコンテンツ産業やサブカルチャーなどの動向も伝えていきたい。

グローバルフォトニュース