食べる 買う

松戸の古民家で「おこめのいえ手創り市」 ハンドメード作家ら28人出店

前回の「おこめのいえ手創り市」(2018年11月開催)

前回の「おこめのいえ手創り市」(2018年11月開催)

  •  

 古民家スタジオ旧・原田米店(松戸市松戸)の中庭と裏庭で1月20日、手作り品限定のマーケット「おこめのいえ手創り市」が開かれる。

旧・原田米店の中庭

 2014年5月に開催した第1回に始まり、24回目を迎える同イベント。布雑貨、皮小物、ガラス細工、陶器、焼き菓子、有機野菜など、松戸にゆかりのある手作り作家が自ら作品を販売する。今回は28店の出店を予定している。

[広告]

 古民家スタジオ旧・原田米店は松戸駅西口より徒歩5分の場所にあり、江戸時代には「松戸宿」と呼ばれた宿場町の中心地にある古民家群の一つ。築100年を超える古商家をはじめ、昭和期の一軒家など、約400坪の敷地に大小5つの建物が並び、同イベント会場の中庭と裏庭が共有スペースになっている。建物はアーティストやクリエーターのアトリエ、ショップや観光案内所として活用されている。

 同イベントを主催する安藤早織さんは、年々少なくなっている、昔の名残をとどめる空間を多くの人に楽しんでもらいたいという思いから、同イベントを企画したという。安藤さんは「冬の季節の、ゆったりした古民家の庭も味わい深い。28余りの松戸に縁がある作家さんでにぎわう手創り市」と来場を呼びかける。

 開催時間は11時~16時。入場無料。小雨決行、雨天中止。