学ぶ・知る

松戸の寺院でクリスマスコンサート スタンダードナンバーを披露

トランペット奏者の小原裕樹さん

トランペット奏者の小原裕樹さん

  •  

 「お寺でクリスマスコンサート5!」が12月15日、吉祥寺(松戸市根本)で開催される。

オーボエ・鍵盤ハーモニカ奏者の井上恵子さん

 吉祥寺(きちじょうじ)は、弘法大師自らが1本の木から作ったと伝わる仏像1体が納められている真言宗寺院。「仏教に関する建物でキリスト教の行事であるクリスマスの音楽を」という珍しい組み合わせの同イベントは今年で5年目。

[広告]

 小原裕樹さん(トランペット)をリーダーに、井上恵子さん(オーボエ、鍵盤ハーモニカ)、小原由起子さん(キーボード)の3人で構成する「まつど響かせ隊」が、クリスマスのスタンダードナンバーを披露する。

 松戸クリスマス音楽祭実行委員長の四ッ谷和好さんは「実行委員会の中に吉祥寺の檀家(だんか)がいて、音楽が好きな住職に問い合わせてみたところ快諾され実現した。ほかの檀家からも好評を得ており、毎回満席になる楽しいイベントになっている」と話す。

 14時開演。チケットは、大人=1,000円、中学生以下=500円。問い合わせは、松戸駅周辺商業協同組合(TEL 047-365-0100)まで。