見る・遊ぶ

東京五輪音頭、松戸で普及に向けて公開練習会 ダイバーシティな振り付け

「東京五輪音-2020-」ロゴ

「東京五輪音-2020-」ロゴ

  • 11

  •  

 松戸市衛生会館(松戸市竹ケ花)で7月24日、「『東京五輪音頭-2020-』公開練習会in松戸」が開かれる。

「東京五輪音頭-2018-」のCD

 「東京五輪音頭-2020-」は1964(昭和39)年10月に開催された東京オリンピックのテーマソングである「東京五輪音頭」を現代風に曲調・歌詞をアレンジするとともに、パラリンピックの要素も加えリメークされたもの。松戸市では楽曲CD・DVD、歌詞カード、振り付けシートなどの貸出も行っている。

[広告]

 振り付けは、初てでも踊りやすい、おっとりとした踊りが特徴の「ゆうゆう踊ろう」、東京五輪の新競技をイメージした振り付けが入るテンポのよい踊りが特徴の「キビキビ踊ろう」、車いすでも一緒に楽しめる「車椅子バージョン」など、ダーバーシティな3種類が用意されている。

 松戸市が2年後に控えた東京オリンピック・パラリンピックを盛り上げるため、市民が地域の祭りやイベントなどで歌って踊れるように企画した東京2020大会組織委員会認証イベント。練習会の最後に発表会も予定しており、市内外から広く観覧参加を呼び掛けている。

 開催時間は10 時15分~11時45分(全体発表会は11時30分~)。観覧無料。問い合わせは、東京オリンピック・パラリンピック推進課(TEL 047-366-7711)まで。