食べる

新松戸に九州料理新店 地元の鍋や馬刺し、焼酎、日本酒も

「九州郷土料理 雄」主任の茨田裕敏さん

「九州郷土料理 雄」主任の茨田裕敏さん

  • 18

  •  

 「九州郷土料理 雄(ゆう)」(松戸市新松戸3、TEL 047-701-7010)が12月1日にオープンした。

「九州郷土料理 雄」の店舗内観。カウンター、テーブル合わせて45席

 同店主任の茨田裕敏さんは「親会社が北松戸にあり、1店舗目として東京都内にラーメン店を今年7月にオープンしたが、松戸市内で地元のにぎわいにつながる店を経営したいと、2店舗目を新松戸に出店した」と話す。福岡・小倉出身の料理長が得意分野を発揮できるよう、九州料理の店にしたという。店名の「雄」は料理長の祖父の名前から付けた。

[広告]

 メニューは福岡名物の明太(めんたい)もつ鍋(2人前3,980円、3人前4,980円)、熊本産の馬肉を使った馬刺し(3点盛り1,980円)、玄界灘から空輸した魚の刺し身(3点盛り980円)など。酒類も九州産をそろえている。

 「九州のお酒といえば焼酎が有名だが、うちは日本酒も4種類提供している。九州産の日本酒が飲める店はなかなかないと思うのでぜひ」と茨田さん。席数はカウンター、テーブル合わせて45席。2人~4人用の半個室が3部屋ある。

 今後は松戸市内、特に常磐線沿線での新たな店舗展開を計画しているという。茨田さんは「飲食店の営業を通じて地域の活性化に貢献したい。そのためにもまず『雄』をしっかり経営して軌道に乗せることが当面の目標。今は夕方以降だけの営業だが、来年にはランチもできたら」と意気込む。

 営業時間は17時~23時(ラストオーダー)。2021年1月から月曜定休。