見る・遊ぶ

松戸駅前でクリスマスイベント イルミネーションとオンライン演奏会

松戸駅西口デッキで行われるイルミネーションのイメージ

松戸駅西口デッキで行われるイルミネーションのイメージ

  • 35

  •  

「松戸クリスマスファンタジー2020」が松戸駅西口駅前広場(松戸市本町)などで11月14日から開かれる。

 2006(平成18)年に初めて開催され、15回目を迎える同イベント。「『きっと逢(あ)えるよ』 きずな・つながれ 松戸のクリスマス」をテーマに、新型コロナウイルス感染拡大下の生活環境でも、「明日に希望がつながるクリスマスを演出する」という。毎年行われてきた抽選会は3密を避けるため中止になり、イルミネーションとオンライン演奏会で構成。同イベントは国の「Go To 商店街」事業の対象に指定されている。

[広告]

 イルミネーションは期間中の16時~22時、松戸駅西口駅前広場で点灯。主催する松戸駅周辺活性化推進協議会の担当者は「新型コロナウイルス感染拡大の中で活躍する医療従事者への感謝の意を込め、西口デッキのトラス(仮設工作物)を白と青を基調に飾り付ける。周囲のコニファーガーデン(植え込み)には、シャンパンゴールドの海に、心の浄化を意味する8つの雪の結晶を浮かべる」と話す。

 昨年まで8回にわたり、松戸駅西口駅前広場や同駅周辺の大型商業施設、飲食店、寺社などの各会場で、クラシック音楽を中心とした演奏会「クリスマス音楽祭」を開いてきたが、今年は集客を伴う生演奏でのイベントが難しいことからオンラインで行う。クリスマス音楽祭のウェブサイトで、10本の演奏会のライブ動画と、約20組、およそ100曲のアーカイブ(録画)動画を配信予定。

 12月25日まで。