食べる 学ぶ・知る

松戸八柱で「やはしら日々祭」 スタンプラリーやツアーで街の魅力知る機会を

八柱さくら通りのomusubi不動産とテナント店舗

八柱さくら通りのomusubi不動産とテナント店舗

  •  
  •  

 JR武蔵野線新八柱駅と新京成八柱駅周辺で6月29日・30日、「やはしら日々祭」が開かれる。

 「自給自足できる街をつくろう」をコンセプトに顧客や周辺住民と田植えや稲刈りなどの活動を行う「omusubi不動産」(松戸市常磐平陣屋前)が開業5周年を記念して主催する同イベント。同店が交流する地域の老舗喫茶店やオーガニックレストラン、パン店、クリエーティブスペースなど、さまざまな店舗や人と協力して街を盛り上げる。

[広告]

 同イベントに参加する店舗を巡る「やはしら散策スタンプラリー」では、抽選会でのノベルティーの進呈や期間限定メニューが楽しめる。「やはしら日々ツアー」では八柱在住の同店スタッフをガイドに、お薦めコースを案内する。「やはしらジオ」では、八柱エリアの「トナリ近所」の情報やゲストの話、同イベントの様子をインスタグラムでライブ配信予定。

 各店舗では、せんぱく工舎(河原塚)「おもかじ祭~初夏のオープンDAY~」、Organic CAMOO(日暮1)「やはしら食べ歩き♪ オーガニック露店」、SlowCoffee 八柱店(日暮6)「まるかじりSLOWマルシェ」、あかぎハイツ(稔台1)「はざいもってって市」、One Table(常盤平陣屋前)「One Table やはしら日々祭」(29日)、「solotto 特別omusubiメニュー」(30日)を予定している。

 同店の関口智子さんは「松戸市八柱エリアは、雰囲気のある小さな個人のお店や、お散歩に行きたいスポットがたくさん集まっている。おいしいフードやドリンクを楽しめて、すてきな品物と出合うことができる街。『やはしら日々祭』では、そんな日常に少しだけ彩りを加えてみた。既にお住まいの方も、まだ訪れたことがない方もぜひこの機会に、八柱の魅力を知ってもらえれば」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は10時~17時。参加無料。「やはしら日々ツアー」は各回定員10人、参加費500円。omusubi不動産ホームページから申し込みが必要。

  • はてなブックマークに追加