学ぶ・知る

松戸のフリーペーパーが展示会 松戸の魅力発信、発刊10号の記念企画

リーペーパーの紙をヒントに段ボール箱でデザインしたという展示スペース

リーペーパーの紙をヒントに段ボール箱でデザインしたという展示スペース

  •  
  •  

 「松戸の魅力を写真で伝えるフリーペーパー展示会 MATSUDO PAPER Exhibition」が現在、松戸観光案内所(松戸市本町)2階で開かれている。

写真を中心に英訳が併記されているMATSUDO PAPER

 フリーペーパー「MATSUDO PAPER」の発刊10号を記念して開かれた同展示会。同冊子は「松戸の魅力を魅力的に伝える」をコンセプトに松戸市が2016年10月に創刊した。写真をメインに、外国人にも読んでもらえるよう日本語に加えて英語を併記している。

[広告]

 会場スタッフの川喜多奈美さんは「浅草や蔵前にある外国人の多いゲストハウスなどの施設にも冊子を設置している。外国人観光客は東京のガイドブックに載っている場所以外の穴場を求めており、MATSUDO PAPERは穴場の松戸を英語で紹介しているので喜んでもらっている」と話す。

 川喜多さんんは「展示スペースは、フリーペーパーの紙をヒントに段ボールを使ってデザインしてもらった。松戸の魅力やデザイン、写真、イラストなどに興味のある方はぜひ足を運んでほしい」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は10時~17時。入場無料。3月21日まで。

  • はてなブックマークに追加