学ぶ・知る

松戸で「江戸川カッパ市」 愛犬家向けイベントや獣医無料相談会

「松戸ガリバーシート」の様子

「松戸ガリバーシート」の様子

  •  

 「第22回秋の江戸川カッパ市」が11月3日、江戸川河川敷(松戸市樋野口)で開かれる。

Eボート乗船体験の様子

 毎年春と秋の2回催されているが、前回は荒天中止になっており、2年しぶりの開催となる。今回は犬好きのための「わんちゃん&ドッグファン」と題し、里親募集や獣医師による無料相談会などを実施。中央ステージでは毎回恒例のアーティストによる音楽ライブのほか、犬と何回お手ができるかを競う「お手王選手権」などを開催する。

[広告]

 そのほか、松戸市の巨大地図「松戸ガリバーシート」(製作=大成哲雄+聖徳大学大成ゼミ)を会場に広げて自分の家を探す「空から松戸を見てみよう」、10人乗りの手こぎボートを使った「Eボート乗船体験」、猿回しや紙芝居も予定する。フリーマーケットや飲食店の出店も。

 江戸川カッパ市実行委員会委員長の椎名憲一さんは「『カッパ市』とは、健康、交流、経済、観光、教育、環境、危機管理、結婚(婚活)の頭文字、8つのKにちなんで名付けたもの。毎回家族連れやカップルでにぎわっている。ぜひ江戸川河川敷会場まで足を運んでほしい」と来場を呼び掛ける。

 チラシを持参すると、来場記念品、花の鉢、紙芝居割引券、魚沼の餅と矢切ねぎのコラボレーション鍋「カッパ汁」1杯と交換できる。

 開催時間は10時~15時。入場無料。荒天・雨天中止。問い合わせは江戸川カッパ市実行委員会(TEL 047-330-3450)まで。