3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 見る・遊ぶ 暮らす・働く

流山・利根運河で桜まつり 東京理科大卒業生が空間や舞台演出

利根運河の桜

利根運河の桜

  • 14

  •  

 運河水辺公園(流山市東深井)で4月7日・8日、「利根運河いい!桜まつり」が開かれる。

ステージで演奏を披露するサクソホン奏者の本堂誠さん

 「利根運河の水辺×桜×命×光」テーマに運河の自然の豊かさ、命の輝き、桜の美しさを視覚、聴覚、体感で感じてもらう同イベント。会場は運河を挟んで南北両岸に分かれて開催される。今回は、市民の有志で組織する利根運河桜まつり実行委員会で運営する。

[広告]

 桜の開花中、夜はライトアップも行われ、「利根運河シアターナイト2012」の代表で、当時東京理科大学建築学科3年生だった星野善晴さんが6年ぶりに空間演出、舞台監督を務める。7日は、南岸に設けられた特設ステージで東京藝術大学卒業生などによるミニオペラ、若手サクソホン奏者の本堂誠さんによる演奏と空間演出により、夜桜の下で幻想的な世界を披露。

 北岸には、定期的に開催されている「うんがいい!朝市」の出店者や流山市北部エリアの飲食店、雑貨店が出店、グルメや手作り品販売のほか、木工ワークショップ、餅つき、歴史自然探訪ツアー(8日)、木製アスレチックの子ども広場や水遊びなどが予定されており、食や体験から運河のある地域を知ることができる。南北両岸は橋で行き来できる。

 同委員会の事務局となっている利根運河交流館の小名木紀子さんは「今回は、市民主体で盛り上げる。桜まつりを通じて、地場野菜やふるさと産品を知ってもらい、地元の景観の美しさを再認識してもらえば」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は、7日=10時~20時、8日=10時~16時。入場無料。荒天中止。問い合わせは同委員会事務局(利根運河交流館、TEL 04-7153-8555)まで。