食べる 買う

さようなら伊勢丹松戸店 雨の中別れを惜しむ多くの市民

雨の中閉店後も店舗前に集まる多くの市民

雨の中閉店後も店舗前に集まる多くの市民

  • 163

  •  

 伊勢丹松戸店(松戸市松戸)が3月21日、43年の歴史の幕を閉じた。

 市内初の大型百貨店として1974(昭和49)年に本館、1995年に新館がオープンした同店。閉店にあたり1月17日から閉店イベント「ご愛顧感謝ファイナルフェスタ」を開催してきた。閉店後は雨の中、店舗前に多くの市民が集まり別れを惜しんだ。

[広告]

 松戸市は1960年代から東京のベッドタウンとして人口が急増、商業振興を重視した市は松戸駅西口再開発事業に着手、同店が入居する「松戸ビルヂング」は中部小学校を郊外に移転させて建設。同ビルを開発した三菱地所の協力で同店を誘致した。

 ライフスタイルの変化で百貨店の売り上げが減少する中、同店も例外ではなく、2016年に同店の閉店を検討していることが明らかになった。市は支援策を検討していたが同市議会が否決、同店の閉店が決定した。

 閉店後セレモニーが開かれ、同店に関わりのあるミュージシャンが「I.M.T Familia(アイ・エム・ティー ファミリア)」名義で制作した伊勢丹松戸店クロージングソング「With The Music」の演奏を披露。同店店長から市民への感謝のスピーチで締めくくられた。

 市民からは「子どもの頃、親に連れられて行った時にお菓子やおもちゃでワクワクしたことを思い出す」「毎年屋上のBBQビアガーデンは楽しみにしていた」「松戸市のランドマークが消える」など閉店を惜しむ声が聞かれた。