食べる 買う 暮らす・働く

松戸でコーヒーフェス 大学生のバリスタが卒業記念に企画

通りの桜の開花も重なり多くの人で賑わう同フェス

通りの桜の開花も重なり多くの人で賑わう同フェス

  •  
  •  

 「One Table(ワンテーブル)」(松戸市常盤平陣屋前)で3月25日・26日、「松戸珈琲祭り【MATSUDO COFFEE FESTIVAL】」が開かれている。

同フェスを企画したバリスタの瀧村尚也さん

 「旨いもんを自分たちで作って、ワイワイ楽しく食べようよ!」という食のプロジェクトから始まった「Teshigoto(テシゴト)」が主催する同イベント。市内の自家焙煎(ばいせん)でコーヒーを提供する「Your coffee(ユア・コーヒー)」(松戸市新松戸3)、「MOKICHI珈琲(モキチ・コーヒー)」(松戸市非暮1)、「Karugamo Coffee(カルガモ・コーヒー)」(松戸市本町)、「SlowCoffee(スロー・コーヒー)」(松戸市松戸新田)の4店舗が参加。

[広告]

 Teshigotoの100食限定特製ハンバーガーと、当日コーヒー各店が特別に「ハンバーガーに合う」コーヒーを用意、ハンバーガーを味わいながら飲み比べができる。同イベントを企画した瀧村尚也さんは「高校生の時からバリスタをやってきて、大学2年生の時にTeshigotoのコーヒーを担当するようになった。今回のフェスは自分が大学を卒業するにあたり、地元で『船橋珈琲フェスティバル』のようなイベントができないかと考えたのがきっかけ」と話す。

 瀧村さんが市内のコーヒー店に声を掛け、4店舗の出店が実現。どの店も出店を快諾してくれたという。同イベントでは、生活雑貨を販売する「山田屋」(松戸市本町)がコーヒーグッズも販売。瀧村さんは「私と山田屋さんがコーヒーグッズで付き合いがあったのが縁で参加していただいた」と話す。

 「桜の開花時期が重なり、多くの方で賑(にぎ)わっている。今回のフェスをきっかけに地元の松戸でこういったイベントが広がっていけばうれしい」と瀧村さん。

 開催時間は12時~22時。26日は19時まで。

  • はてなブックマークに追加