暮らす・働く

松戸発空港アクセスバス新設 羽田空港までノンストップで直結

高速バス(新京成電鉄仕様)

高速バス(新京成電鉄仕様)

  •  

 松戸市内と羽田空港を結ぶ空港アクセスバス「新松戸駅・松戸駅~羽田空港線」の運行が9月1日から始まる。

 東京外かく環状道路の三郷南IC(埼玉県)~高谷JCT(市川市)間の開通に伴い新設されたバス路線。松戸新京成バス、京成バス、京浜急行バスが共同で、松戸市内からから羽田空港第1・第2・国際線の各旅客ターミナルへ1日5便、羽田空港の各旅客ターミナルから松戸市内へは1日6便を運行する。

[広告]

 早朝出発の2便と深夜到着の2便は、松戸駅を経由して新松戸駅が始発・終点となる。走行ルートは、松戸市内-松戸IC(松戸市下矢切)-高谷JCT-首都高速湾岸線-羽田空港。所要時間は松戸駅~羽田空港間が60分、新松戸駅~羽田空港間は90分程度を予定している。

 京成バスの担当者は「外環道の開通により、利便性の高い路線を開設できた。松戸市内~羽田空港間をノンストップで運行するので、乗り換えの手間もかからずアクセスが非常に良好になる」と話す。運行開始に先立ち、開業式典が8月29日に戸定が丘歴史公園で行われる。

 運賃は大人=1,300円、小学生以下=650円。各便とも先着順。松戸市内の乗り場は松戸駅=京成バス7番のりば、新松戸駅=松戸新京成バス3番のりば。羽田空港の乗り場は国際線旅客ターミナル=6番のりば、第1・第2旅客ターミナル=13番のりば。問い合わせは松戸新京成バス松戸営業所(TEL 047-387-0388)まで。