食べる

松戸西口にイタリアン新店 店名はイタリア語で「ばか」

マネジャーの小川誠さん(右)

マネジャーの小川誠さん(右)

  • 12

  •  

 松戸にイタリア料理店「トラットリア イディオータ」(松戸市本町)が9月29日、オープンした。

「トラットリア イディオータ」店内

 店名の「イディオータ」がイタリア語で「ばか」などを意味する同店。都内のイタリア料理店での勤務経験を持つマネジャーの小川誠さんは「イタリア語の中でまだ店名に使われていない言葉の中から、愛嬌(あいきょう)の感じられるものを選んだ」と話す。

[広告]

 週替わりのランチメニューは、トマトベース、オイルベース、クリームベースの3種類から選べる「スパゲッティセット」「本日のラザニア」「本日のピザ」など。

 ディナーはアラカルトメニューとして前菜やサラダのほか、ランチでも提供するピザやパスタ、メインは鮮魚のアクアパッツァなど魚料理や、黒毛和牛のグリルなど肉料理を提供する。3,500円のコース料理は、前菜・パスタ・ドルチェ・ドリンクのほか、メインを肉料理と魚料理から選択する。小川さんは「『美桜鶏もも肉のソテー ラクレットチーズのせ』など、お客さまの目の前で焼いたラクレットチーズをかけるメニューをお試しいただきたい」と話す。

 小川さんは「松戸の皆さんの好みを探りながら、よりよいメニューを検討していきたい。ソムリエの資格を生かし、料理やお好みに合わせたワインを提供するので、気軽にお声掛けいただければ」とアピールする。

 営業時間は11時30分~15時30分、17時30分~22時30分。月曜定休。