みん経トピックス

松戸で骨董と手作り市

松戸駅前に「おでん気屋」 昼は電気店、夜はおでん居酒屋

 松戸駅近くの電気店に、おでん居酒屋「おでん気家」(松戸市根本、TEL 042-367-7135)がオープンして間もなく半年がたつ。

ごぼう巻き、玉子、大根、白滝のおでん

桜井電気商会の新事業となる同店。ヤマダ電機のグループ会社になり、在庫を置く必要がなくなったことから、その空きスペースを活用し「地域のコミュニケーションの場」として夜に飲食営業を行っている。店名の由来は「電気屋が始めたおでん屋」。

 「角打ち風」の同店では、飲み物はセルフサービスとなっており、ショーケースにビールなど缶飲料をそろえる。カウンターには駄菓子もそろえ、おつまみとして提供する。

 同店の「おすすめ」は、日高産昆布を使ったおでん(1品150円)。昨年12月のオープン以来、「ワンコインおでんキャンペーン」を行っており1品100円で提供している。「おまかせおでんセット」(800円)は、おでん4品、今日の一品、ショーケース内のドリンク1本でのセットになる。

 全席喫煙席となっているためオゾン発生器を設置し、タバコの臭いを分解するなど電気店ならではの配慮も。桜井豊元社長は「1階部分を、有効ならぬ『友好活用』」しようと思った。店名に『家』を使っているのも、地域の方々を家族と考えているから。店を通じて皆さんに元気に明るく過ごしていただければ」とアピールする。

 営業時間は16時30分~22時30分。日曜・祝日定休。

グローバルフォトニュース