食べる 買う 暮らす・働く

松戸のシェアアトリエで「文化祭」 ハンドメード作品販売、グルメも

第1回開催の様子

第1回開催の様子

  •  
  •  

 シェアアトリエ「8lab(はちらぼ)」(松戸市八ヶ崎7)で10月16日、第2回「8lab文化祭」が開かれる。

 多彩な人が集まる場所を目指し運営される同アトリエ。「文化祭」は入居者が企画・デザインを手掛けて開く。第2回となる今回は、8labが満室になってから初の開催。ハンドメード作家による作品販売やワークショップ、飲食など入居者を含む20ブースが出展する。

[広告]

 当日は、アクセサリー、イラスト、家具など多様なハンドメード作品が販売される。ワークショップでは、ブローチ、コインケース、エンボス等の体験が可能。キッチン等で提供される飲食は、自然食や無国籍料理のほか、焼き菓子、スコーン、ベーグルなどの軽食も用意する。

 同アトリエを運営するomusubi不動産(常盤平陣屋前)の殿塚建吾さんは、「入居者それぞれの個性やセンスを生かして新しいことを生み出すシェアアトリエらしい企画。のんびり過ごせる空間もお薦め」とイベントの魅力を語る。

 開催時間は11時~16時。入場無料。出展情報はフェイスブックページに掲載。

  • はてなブックマークに追加