食べる 暮らす・働く

松戸の常盤平さくら通りにカフェ 7月開店に向けプレイベント

キックオフイベントの様子

キックオフイベントの様子

  •  
  •  

 松戸でオープンを予定しているカフェ「One table coffee」(松戸市常盤平陣屋前1)で5月22日、「One table coffeeキックオフイベント」が開かれた。

店舗外観

 omusubi不動産、大畠稜司建築設計事務所、アンティークショップPIPELINEと、「Good music and books coffee stand」(松戸市松戸)を手掛けたフードユニットteshigotoのメンバーが中心となり構想された同店。多様な店の参入により解消されつつあったシャッター街の最後に残ったテナントを活用し、「さくら通りの店にいろいろな人が集まり、にぎわいが生まれる」というビジョンの下、それぞれの個性を生かしてカフェを運営する。

[広告]

 当日は、コーヒーや酒類のほか、サンドイッチやスコーンなどの軽食を提供。来店者は、店内の大テーブルや外に設置されたベンチで談笑しながら飲食を楽しんだ。トークイベントも開き、omusubi不動産の殿塚建吾さん、大畠稜司建築設計事務所の大畠稜司さん、teshigotoの古平賢志さんが、構想に至った経緯や今後の展望について話した。イベントを終え、古平さんは「さくら通りという場所のポテンシャルと開店に向けてやっていくべきことが共有できた」と話す。

 同店は7月上旬のオープンを予定。古平さんは「従来のカフェでなく、DIY要素があり、お客さまや仲間たちと作り上げていく特別な場所にしたい。八柱さらには松戸全体をかっこ良くて面白い場所と思わせる仕掛けをしていければ」と意気込みを見せる。

  • はてなブックマークに追加