暮らす・働く

松戸市役所で福祉ショップの作品展示即売会 障がい者の手づくり品中心に

福祉ショップ作品展示即売会に出店した「豆のちから」(4月の様子)

福祉ショップ作品展示即売会に出店した「豆のちから」(4月の様子)

  •  
  •  

 松戸市役所1階の本館連絡通路で5月の福祉ショップ作品展示即売会が7日間開かれる。

「豆のちから」の手づくり豆腐

 11日・12日は千葉県主催「はーとふるメッセ・オブ・ザ・イヤー2014」を受賞した「松里福祉作業所」「ワークライフまつさと」「まつぼっくり」、18日・19日は「いぶき/第二いぶき」「夢はうす・どりーむ」、20日・21日は「ワーク・ジョイまつど」「わかば園」「豆のちから」、22日は「さくら工房」「小金わかば苑」が出店する。

[広告]

 「豆のちから」を運営するNPO法人まつかぜの会理事長、柳町美恵子さんは「障がいのある人もない人も一緒になって働き、国産大豆のおいしいこだわりの豆腐やおからドーナツを作っている。障がい者が自立した生活を営む社会の実現を目指している」と話す。

 営業時間は9時30分~15時。

  • はてなブックマークに追加